おすすめドライブ-リバードライブ-  
<自然満喫の西南の海岸線をドライブする>
  広見轟の甌穴群(鬼北町)
広見轟の甌穴群

四万十川支流の広見川にある広見轟の甌穴群は、南予地方では数少ない甌穴群の一つで、大小300個余りが轟橋の下流に幅80m、長さ200mに亙って分布している。大きな胚大から直径2mのものまであり、形も円形、楕円形、二重火山形など多種多様である。甌穴は、川底の岩盤が流水や砂礫によって浸食され凸凹を生じたもので更に、侵食が進むと4m以上の深淵を生ずる事もある。広見轟の甌穴群は数千年を経って現在の様な風光明媚な地形を形成したもので、春のツツジ、夏の飛鮎など私達に美しい名勝を提供している。(甌穴名:ポット・ホール、カメ穴)

 

住 所 愛媛県北宇和郡鬼北町大字小倉
TEL 0895-45-1111 鬼北町役場産業課商工観光係

大きな地図で見る

(C)copyright 四国西南地域観光連絡協議会